智慧の世界へ ソクラテス編1 ~無知の知

「智慧の世界へ」というテーマを考える際に最初に考えなければならないことは、無知から智慧に至るために命を賭したソクラテスの「無知の知」という言葉です。ソクラテスの弟子プラトンが著した『ソクラテスの弁明』のなかで、ソクラテスは当時、最も賢者であるといわれている人物を訪ねて対話を行うのですが、その時の様子が以下のように表されています:

 つまり、この人は多くの人に「智慧がある人」と思われているらしく
また、自分でもそう思い込んでいるようだけれども
実はそうでもないのだと私には思えるようになったのです。
それで、私は彼に“そうではない”ということを説明しようと努めました。
しかしその結果、私は彼にもそしてまたその場にいた多くの人々にも
憎まれることになったのです。
しかし、私は一人になって考えました。彼より私のほうが智慧があると-。
なぜなら(彼と私)二人とも善や美(真理)についてはよく知りません。
しかし、彼は知らないのに“知っている”と思っている一方
私は知らないので“知らない”と思っています。
その点で、私のほうが少し彼より智慧が優れていると思うからです。
また、私は彼以上に智慧があると思われている者を訪ねましたが
やはり同じ結果となりました。
そして私はその者からも
また、その他の多くの人々からも憎まれることになったのです。

『ソクラテスの弁明』

 

このソクラテスの言葉は、“日頃、私たちは真理について良く知っている、分かっていると思っているけれども、それは単なる思い込みに過ぎず、本当はよく分かっていないということが意外に多くある”ということを示唆しています。真理についてよく分かってもいないのに、自分は分かっていると思い込んでいるので、無知から解放されず、無知を克服し、智慧の世界に至ることができないというのです。したがって無知を知り、智慧の世界に至るためには、「私は何でも知っている」という態度を改め、「私は何もよく分かっていないのではないか」という謙虚な心を持つということが大切だというのです。そうするためには、自分の知らない部分、無知な部分をハッキリと自覚する必要があるし、そのように自覚してこそ、無知を克服し、智慧の世界に至る道も開かれてくるということではないでしょうか?

このように考えたソクラテスは、“自分こそ知者だ”と思っている人々に自らの無知を悟って欲しいと考え、対話を行いました。ソクラテスのこの行動は彼らをして無知に目覚めさせ、無知を克服し、智慧の世界へと至るように努力していくように促すためのものであり、相手の考えを向上させることを意図した対話法でした。しかし賢人たちはソクラテスによって論破され、“知者としてのプライド”を傷つけられたとして、かえってソクラテスを憎むようになったのです。

ソクラテス編2 ~ソクラテスの主張 へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2015/6/27

    十牛禅図
    皆さん、大変な今の時代を生き抜くなかで、矛盾や葛藤、あるいは苦痛や苦悩を感じたことはありませんか?十…
  2. 私たちは一般に、言葉で考え、言葉で行動しています。たとえば、愛するという言葉を意識することによって、…
  3. ソクラテス、孔子、釈尊の三人の哲人、聖人は、ほとんど同じ時代に誕生しましたが、イエス・キリストは、そ…

話題の記事

  1. 2015/6/27

    十牛禅図
    皆さん、大変な今の時代を生き抜くなかで、矛盾や葛藤、あるいは苦痛や苦悩を感じたことはありませんか?十…
  2. 私たちは一般に、言葉で考え、言葉で行動しています。たとえば、愛するという言葉を意識することによって、…
  3. ソクラテス、孔子、釈尊の三人の哲人、聖人は、ほとんど同じ時代に誕生しましたが、イエス・キリストは、そ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る